名画案内所

アクセスカウンタ

zoom RSS 観てきました新「犬神家の一族」

<<   作成日時 : 2006/12/17 20:42   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 29 / コメント 2

画像


藤司純子「犬神家の一族」サスペンス 144分 2006 日本 東宝

監督 市川崑
脚本 市川崑 日高真也 長田紀生
原作 横溝正史(角川文庫刊)

出演 石坂浩二 松嶋奈々子 藤司純子 松坂慶子 萬田久子

-------------------------------------------------
<最初から途中までの展開>

那須の町を歩いている探偵、金田一耕助。の石坂浩二。
宿泊する旅館に到着。
湖を眺めていると美女、松嶋奈々子
が一人ボートを漕いでいる。
のが沈みそうになり石坂が助ける。

誰かがボートに穴を開けていたのだ。

旅館に戻った石坂。
会うはずだった弁護士事務所の男が洗面所で
吐血して死んでいる…

弁護士、中村敦夫に再度、雇われる石坂浩二。

犬神家に佐清が戻って
犬神佐兵衛の遺言書を皆の前で発表する弁護士、中村敦夫。

実の娘三人(藤司純子 松坂慶子 萬田久子)には一円も渡らない。
遠縁にあたる松嶋奈々子にすべて譲渡。
その際、直系にあたる佐清(尾上菊之助)、佐武(葛山信吾)、
佐智(池内万作)、の三人の孫から結婚相手を選べ。
もしそれが不可能な場合、
女工を孕ませてできた息子、青沼静馬(?)に譲渡する。
長女の藤司純子が叫ぶ。
「その遺言書は偽物です。
犬神家の財産を横領するために作られた、真っ赤な偽物です!」

-------------------------------------------------
<総評>

驚きました。
三十年前に公開された「犬神家の一族」
とまったく同じといっていい作りです。
テーマ音楽から脚本の流れまで
ほとんどまったく同じ。

もっとも違うのは、
大胆なベッドシーンが無くなったこと。ぐらいでしょうか。
セリフは微妙に変化してますが。

しかしそれにも係わらず
作品から受ける印象がまったく違う。
一本目が百点なら今作は二十五点ぐらいでしょうか。

豊川悦司 の金田一「八つ墓村」
のような全部が浮きまくっている
シラケた感じはありませんが、
全体的に信じられないぐらい薄味です。

一作目が大人に向けて作られた映画、なのに対し、
今回のは誰もが見るかもしれない。
テレビ的な方向でいこう。な印象がありました。

説明的。なので分かりやすくはなっていますが、
その分、オハナシとしての粗も見えやすくなっています。

一本目をリバイバルとして上映した方が
よっぽどマシなのでは。と思うのはぼくだけでしょうか。

たぶん邦画の大作は
ぼくのような平民が思いもしない大きな問題にぶちあたっている。
そんな気がしてなりません。

それか
ぼくの知る邦画や日本が無くなったのかもしれません。
と思うほどなんかチグハグ。

映画はストーリーを語りながら、
すべての登場人物の語られない部分を暗に語る。
そういう芸術でもありますが、
本作はそこがまったくない。
といっていいほどなにもありません。

もう若い人だけを集めて若い人の世界を描く。
しかないでしょうね。
その方向は今年も成功してますし。
昭和な人と今の人が一緒に大作を作る。
のはもう不可能だと思います。

収穫は藤司純子。
他が完全に霞んでしまう圧倒的な存在感。

大映しが何度かありました。
そこだけなんともいえない空気が流れます。

さすがに東映の大スター。
年月を経てもすごい存在感です。

この人の違う作品を観たい。
そう思わせるに十分な俳優さんです。

俳優としての
天性の勘をお持ちです。たぶん。
「緋牡丹シリーズ」「あ・うん」「ふたり」
思い浮かぶのは今それぐらいですが、
どれも良かったとはっきりと思い出せます。
さすがです。

他は全員ミスキャスト。
そう言ってもいいような気がします。

個別に書くのも悪い気がするので控えます。

一緒に観に行った子供(11歳)が「まぁ、おもしろかった」
と言っていたので、
対象とする年齢層を下げて作ったのかもしれません。
???

ヘンなことをひとつ考えました。
前作で女性にモテソウなのは
金田一の石坂浩二か佐清のあおい輝彦。
でも今作では
猿蔵の永澤俊矢と佐武の葛山信吾。
永澤俊矢と松嶋奈々子の報われない愛の方がいいのでは。
そこに葛山信吾を入れて三角関係。とか。
スキを狙うヘンタイ役に池内万作。

金田一は省いて探偵役も兼ねる葛山。

どうでしょうか^^;

※いちおうロードショーを観てきたので掲載しました。
※著者は前作のファンです。何十回とLDで観ています。
その辺は差っぴいてくださいね。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(29件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
映画 「犬神家の一族」
映画 「犬神家の一族」 を観ました。 ...続きを見る
ようこそMr.G
2006/12/17 21:35
「犬神家の一族」(2006年版) 贅沢なリメイク版・・・ 
「犬神家の一族」のリメイク、しかも市川+石坂コンビで。これは金田一耕助ファンの私には非常に嬉しいと同時に、やってほしくなかったという気持ちと半々で非常に複雑なところでした。 ...続きを見る
取手物語〜取手より愛をこめて
2006/12/18 00:57
【劇場鑑賞139】犬神家の一族
莫大な遺産を巡って血塗られた惨劇がついに幕を開ける ...続きを見る
ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!...
2006/12/18 19:58
犬神家の一族
驚きと新鮮味は弱まったものの, 演技派の俳優たちによるドラマが, さらりとしながらも味わいのある印象を残す。 ...続きを見る
Akira's VOICE
2006/12/19 11:46
「犬神家の一族」試写会&舞台挨拶
イイノホールで行われた、映画「犬神家の一族」の試写会に行ってきました!! ...続きを見る
Thanksgiving Day
2006/12/20 13:27
【犬神家の一族】走る石坂金田一
横溝正史を愛読したのは、中学生の頃。夢中で全巻読破した。当時としてはちょっと過激だった、狂気に満ちたおどろおどろしい世界。残酷なトリック。それを忠実に再現したのが、当時、市川崑が撮った一連の横溝作品だった。日本映画独特の暗い映像の中に鮮やかに映える血の... ...続きを見る
見取り八段・実0段
2006/12/20 18:29
「犬神家の一族」驚きが感じられないマジメなリメイク
「犬神家の一族」★★★☆ 石坂浩二 、 松嶋菜々子 、 尾上菊之助 、 富司純子出演 市川崑 監督、2006年 ...続きを見る
soramove
2006/12/20 21:55
「犬神家の一族」見てきました。
 1976年の同名映画のリメイク、犬神家の一族見てきました。金田一耕助の映画やドラマって断片的には見たことあっても、きちんと見たことないので、楽しみにしていました。 ...続きを見る
よしなしごと
2006/12/24 14:55
リ・リメイク?「犬神家の一族」
日本映画史上、 最高のミステリーが帰ってきた! 「犬神家の一族」 ...続きを見る
bobbys☆hiro☆goo☆シネプラ...
2006/12/27 12:30
「犬神家の一族」試写会レビュー レビューじゃなしに
完璧でしょ。原作や旧作を観ていない勉強不足のエセ芸大生にとってもそう感じられました。さて公開後の反響や興業はどうなるでしょうか。日本映画の信念を貫いた上での成功を期待しています。 ...続きを見る
長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ
2006/12/27 22:22
『犬神家の一族』鑑賞!
『犬神家の一族』鑑賞レビュー! ...続きを見る
☆★☆風景写真blog☆★☆healin...
2006/12/28 12:41
犬神家の一族 (2006)
■犬神家の一族 2006年・日 ...続きを見る
小六のB級A画館
2006/12/28 14:09
犬神家の一族
12月16日より公開してます。 監督 市川 こん 主演 石坂浩二、松嶋菜々子、尾 ...続きを見る
いろいろと
2006/12/28 23:06
犬神家の一族
公開日 2006/12/16監督:市川崑 「犬神家の一族」('76)、「女王蜂」出演:石坂浩二/松嶋菜々子/尾上菊之助/富司純子/松坂慶子/萬田久子/深田恭子 他【あらすじ】日本の製薬王といわれた信州の製薬王・犬神佐兵衛が亡くなった。遺言状を管理する法律事務所の若林は、残... ...続きを見る
Good job M
2006/12/29 06:21
犬神家の一族
前作は、映画館では観ていないけどで放送されるたびに何度も見ました。 好きな作品なので、今回のリメイクもけっこう楽しみにしてたんですけどね・・・。 ...続きを見る
しまねこ日記
2006/12/29 06:38
犬神家の一族
私だったら・・・ 危ない時に、どこからかサッと現れて助けてくれる ...続きを見る
UkiUkiれいんぼーデイ
2006/12/29 08:28
映画「犬神家の一族」を観て
一生に、ふたつの違った「犬神家の一族」を観る事が出来る人生・・・う〜ん、これ即ち平和かも・・・。 ...続きを見る
とみのひとりごと
2006/12/29 16:00
犬神家の一族
昭和22年、那須湖畔。大富豪犬神佐兵衛が莫大な遺産を残してこの世を去った。残された遺書には血縁関係の無い珠世と、彼女と結婚した佐兵衛の三人のいずれかの孫に全財産を相続させると記されていた。そして、遺産を巡って遂に殺人が起こる。事前に呼び出されていた名探... ...続きを見る
5125年映画の旅
2006/12/29 16:37
映画祭「犬神家の一族」鑑賞
BIGLOBEの一族。 石塚です。 ...続きを見る
BIGLOBE平社員ブログ
2006/12/30 00:18
市川崑の金田一耕助 〜「犬神家の一族」(2006) 天使のような風来坊
「犬神家の一族」を鑑賞して1週間経つ。ここへきてやっと映画プログラムの表紙をめくった。 ...続きを見る
取手物語〜取手より愛をこめて
2006/12/30 01:27
「犬神家の一族(2006)」 おかげでトラウマはなくなりました
ミステリー映画はよく観ますし、推理小説もかなり読みます。 けれども1976年版「 ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2006/12/30 22:04
「犬神家の一族」:神谷町駅前バス停付近の会話
{/kaeru_en4/}おや、こんなところに骨董屋。 {/hiyo_en2/}東京には骨董品店がまだまだたくさんあるのね。 {/kaeru_en4/}30年前の「犬神家の一族」のDVDは置いてないかな。 {/hiyo_en2/}なんでDVDが骨董屋にあるのよ? {/kaeru_en4/}30年前の映画っていやあ、骨董品みたいなもんだろ。 {/hiyo_en2/}じゃあ、その骨董品をリメイクした今回の「犬神家の一族」はどうだった? {/kaeru_en4/}そういう意識で見ていたせいか、なんだ... ...続きを見る
【映画がはねたら、都バスに乗って】
2006/12/31 10:12
犬神家の一族(2006年公開版)
あれから30年も経ったのか。。。 私がいくつになったかということはおいといて、 観て来ましたよ。 お正月にふさわしい豪華キャスト! あらすじは1976年公開の「犬神家の一族 」と全く一緒。 ということで、前回のレビューから。 ...続きを見る
映画、言いたい放題!
2007/01/03 21:17
市川崑の金田一耕助 〜「犬神家の一族」(2006) 天使のような風来坊
「犬神家の一族」を鑑賞して1週間経つ。ここへきてやっと映画プログラムの表紙をめくった。 ...続きを見る
取手物語〜取手より愛をこめて
2007/01/05 22:21
市川崑の金田一耕助 〜「金田一です。」(石坂浩二著) 天使のような風来坊2 (追記)
「犬神家の一族」(2006)を鑑賞してから約半月。ここへきてようやく「金田一です。」(石坂浩二著)に目を通した。 ...続きを見る
取手物語〜取手より愛をこめて
2007/01/05 22:24
「犬神家の一族」驚きが感じられないマジメなリメイク
「犬神家の一族」★★★☆ 石坂浩二 、 松嶋菜々子 、 尾上菊之助 、 富司純子出演 市川崑 監督、2006年 ...続きを見る
soramove
2007/01/08 21:31
犬神家の一族
http://www.fujitv.co.jp/inugami/映画館にて犬神家の一族微妙だ・・・そもそもこの話って佐清が戦争が終わった後とっとと帰ってくれば事件が起きなかったのでは?かなり後味悪いかも・・・殺人シーンのとき血を流すシーンは必須で& ...続きを見る
勝弘ブログ
2007/01/15 00:41
犬神家の一族
 お正月に、映画「犬神家の一族」を観ました。 ...続きを見る
シナリオ3人娘プラス1のシナリオ・センタ...
2007/02/22 18:28
犬神家の一族(2006)
犬神家の一族(2006)公開中ストーリー ☆☆☆☆☆映画の作り方☆☆☆☆総合評価 ...続きを見る
シネマ de ぽん!
2007/02/26 11:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。
TBありがとうございます。
わたくしも、断然オリジナルの金田一ファンなので、オリジナルとリメイクのどちらが良かったかと言われれば、絶対にオリジナル版です。
しかし、やはりファンなので、リメイクが出来ると聞いてとても楽しみでしたねー
松嶋奈々子さんは、ずっと可愛い女優さんだと思っていたのですが、珠世の役として考えると、絶世の美女ではありませんでした。
残念ながら…(;о;)
では、また〜
小六
2006/12/28 14:13
あれはあれ、これはこれ、
で観たらそれなりなんでしょうけど、
やっぱりねぇ…

これを機に前作を観る人が
増えたらいいですよね。
そこに期待しましょう。

「犬神」前作は
戦争の暗い影に支配されています。
その象徴が佐兵衛です。
陰の主役として全体を覆っている。
その辺が新「犬神」にはまったくない。
フツーのサスペンスみたいになった
要因の一つです。

その他
前作は表に出ない
いろんなコントラストが
見事に決まっていたんですよねぇ。
長くなるので説明は控えますけど。
小六さん、こちらこそどうもありがとうござ...
2006/12/28 15:48

コメントする help

ニックネーム
本 文

観てきました新「犬神家の一族」 名画案内所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる