名画案内所

アクセスカウンタ

zoom RSS サラウンドについて@(初心者のための導入編C)

<<   作成日時 : 2007/03/24 11:12   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

まず最初に
サラウンドとはなにかということなんですが。

前後左右から音が聞こえて
そこにいるような臨場感がある。
それが一般的なサラウンドの解釈です。

ぼくも十数年前にAVアンプを初めて買ったときは
とにかく臨場感と低音だと思っていました。
(というより爆音とでかい音?)

60cmぐらいの高さがある中型スピーカーを
前方に4本ならべて
スゴイ音で聞いていました。

そこから出てくる音に
友達らと歓声を挙げていました。

しかし数ヶ月でやめました。

映像と音のバランス
を考え始めたからです。

25インチのモニターテレビで観ていたからです。
音があまりに大きい(あたり前ですが^^;)

で電気屋さんに行って
小型スピーカーを購入しました。

その辺からですね。
サラウンドの音場というのを考え始めたのは。

それまではとにかく爆音^^;

でAVアンプにセットされている
いろいろな効果を試しながら音場を作っていきました。
はっきり言って難しくて時間かかりました。
たぶん二年ぐらい???

コレが最初に成功したときは
うわーっと一人で感嘆の声を洩らしました。

なんともいえない気持ち良さ。

ある種のトリップ感とでも言えばいいでしょうか。

はっきり言って映画館の比ではありません。
完成度の高い音世界に
身体がすっぽり包まれたような心地よさ。でした。

具体的に言うと
ステレオだとセリフも音楽も効果音も
すべて一律で前に出てくる感があるのに対して、
サラウンドだと
センタースピーカーのセリフが常に前に出て中心にあり、
音楽や効果音などが適宜に前に出てくる。
そんな感じでしょうか。

俳優の言葉がちゃんとスクリーンの俳優の口から聞こえてくる感覚。
それがまずトリップ感の第一に挙げられる要素です。
気持ちいいたらない。

ステレオでもちゃんと聞こえてきますが、
センタースピーカーで聞くものとは別物です。
うまく説明できませんが…

まぁ、とにかく、
その結果どうなるかというと、
ステレオで聞いていたときの騒がしい感じがなくなります。
ほんとに静かに静かにドラマが進んでいき、
ここぞ、という時に盛り上がる。
そんな感じになります。

その効能は恋愛作品やサスペンスなどで顕著ですが、
スターウォーズのようなドンパチ作品でも
静かに静かにドラマが進んでいく感触を持てます。


よく電気屋さんで
5.1chセットスピーカーが展示されていて
ぼくもよく定位置で聞きますが
うちの環境には遠く及びません。
(メーカーさんすみません)
(使用中の方、もっとすみません^^;)

体感的にそして感覚的に言えば
五倍の密度感があります。

もちろん
電気屋さんでは他のスピーカーや
テレピも鳴っているので
単純に比較はできないのでしょうけど…

まぁ、値段も違いますけど。

セットなら2万ぐらいからあるのに対して
AVアンプとスピーカーを別に購入すると
10万は超えますしね。


違ってあたり前ですね^^;

移動感、スケール感、官能度、濃密度…
などなどAVアンプを100だとしたら
セットモノは10もないぐらいです。

ですから
映画を観るならぜひ
AVアンプとスピーカーで別々に揃えてください。

その場合
中型スピーカー以上は避けた方がいいです。

六畳間ではまず音場がうまくいきません。
音圧が高いのとコーンの径行が大きすぎるから。
それに直接音がもろ聞こえになりますし。

言うまでもなく
映画ではスクリーンに映っているものに
集中できる環境がベスト。

それが
今、右のスピーカーが鳴った。
左が鳴った。後ろが鳴った。
と意識がそこにいくとダメなわけです。

なので
できるだけスピーカーを意識しない環境を作るには
小型スピーカーの方が良いわけです。
(音場作りにも有利)

1本3kg以上で4.5kgぐらいまでのものが良いでしょう。

リアはさておき
センター(2本)と、ライト、レフトは
同じスピーカーで揃えた方が良いです。

ぜひ小型の気に入ったスピーカーを2組(できれば3組)探してきて
前方にならべてくださいね。

音色としては
できるだけタイト、つまり締まった感じがして、
人の声の再生に長けたもの、
肉声のように聞こえるものがいいでしょう。

お店で視聴する場合は
10組ぐらいは聴いた方がいいですね。

アンプのボリュームは10時以上にしてもらい
それでも音が割れない、声がひずまないものを選びましょう。

あまり色づけされたものは避けた方が無難です。
AVアンプの音場効果作りの妨げになります。

よくわからない場合は
とにかく声の再生に集中してみてください。

これは惚れ惚れするような声だ。
といちばん思うものに決めるといいと思います。

そんなことできるか!!!
という方はAVアンプとスピーカー
のページでいちばん売れてるもので
とりあえず揃えてしまいましょう。

YAMAHAのアンプは前方の3チャンネルのみで
サラウンドするシステムが全機種に搭載されています(要確認)。
それでやってみるのが一番かと^^
ソニーもそういうのがあったかも。


まずはそこから初めて、
物足りないならリアスピーカーを追加すればいいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

サラウンドについて@(初心者のための導入編C) 名画案内所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる