名画案内所

アクセスカウンタ

zoom RSS チャールズ・ブロンソン 「ブレイクアウト」 ジル・アイアランド

<<   作成日時 : 2012/12/09 00:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ブレイクアウト 1975年 アメリカ コロムビア映画

画像

画像






































監督 トム・グリース
出演 チャールズ・ブロンソン ロバート・デュヴァル
   ジル・アイアランド

仲睦まじい夫婦デュバルとジル
突然デュバルが逮捕される
あれよあれよと有罪宣告で投獄

ジルの祖父は大会社の社長
孫娘の婿(デュバル)が気に入らずに罠に嵌めたのだった

夫を脱獄させるために
ジルは操縦士のブロンソンに
脱獄だと知らせずに飛行機を飛ばさせるが…

*****

粋な男ブロンソン
夫を愛する美麗の人妻
一癖ある人物が二人を囲んで
物語は進んでいく

即席でこぼこチームによる
脱獄作戦です

スリリングというより
のんきな感じ?

七十年八十年のアメリカテレビドラマや
日本の刑事ものなんかで見たような形ですね

藤竜也とか草刈正雄とか沖雅也とか
そういう人たちが主役を務めた刑事ものとか探偵もの
まんまそういうノリです

しかし
やはり本家本元
ブロンソンのカッコよさは特筆すべきものがあります

気取りもないし、きれいな服も着てないし
金もないし、仕事もなんなのかイマイチわからず

でも
カッコイイんですよねー

さりげなく男の色気が漂っている
高倉健を庶民的にした感じ? 違うか^^:

あまりにカッコよくてタマりません

色気というのは
さりげなくにじみ出ているものなんだなー
と教えてくれます。

これはきっと
男でも女でも同じかと

そういう線でいこうとすると
これみよがしになりがち

あの人とかこの人とか 笑

でも本物はそうじゃないんですね

ジルの心に恋が芽生えて
ブロンソンがそれを感じ取るところなんか
ほんとによくできてる

そういうことってあるんだろうなー
と思わせます

ドキドキします。

あー カッコイイ ブロンソン
憧れる

*
人物のアップが多いです。
スクリーンで見ると
より表情がわかっていいです。

ジルとブロンソンの間の淡い恋は
さきほど挙げた日本のテレビドラマでも
何度も何度も繰り返して描かれました。

なんか懐かしいなー

1968年に二人は結婚してます。
だから本作撮影時は結婚七年目ですか。

仲良さそう…

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文

チャールズ・ブロンソン 「ブレイクアウト」 ジル・アイアランド 名画案内所/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる